酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2008-02-18[月] メンテナンス [長年日記]

▶︎ [バイク]空気圧の調整

バイクを停めている駐輪場の隅に、空気入れが置いてある。いや、捨ててあると言った方が正確か。しばらく観察していても、誰も使った様子がない。雨ざらしじゃないためか、若干の錆はあるものの動作に支障はない。何よりもこの空気入れ、バイクにも使えるタイプなのだ。

せっかくだから(?)こいつを使ってZZR400空気圧の調整をしよう。エアゲージはずっと昔に買ったスティックタイプのものがある。って事で、初期投資なしだ。

まずは現状のエアチェック。ZZR400はフロントが225kPa、リアが250kPaである。計ってみると若干下回るってとこ。安物のエアゲージだけれど、まぁそれほどあてにならないわけじゃないと見ていいか。

エアの充填作業開始。しかし、これが結構大変なのだわ。何と言ってもブレーキディスクが邪魔。加えてリアはチェーンが邪魔。スペースがないのだ。空気入れのノズルをタイヤのバルブに差し込むのも一苦労。ガソリンスタンドの空気入れは使えないと思うなぁ、これは。

空気入れ自体は思ったほどでなく。大汗かく作業になるかと思っていたけどね*1。前後とも50回ほどポンピングして、後は少しずつ空気を抜いて微調整。大体こんなところで大丈夫だろうかね。その内もう少し精度の高そうなエアゲージは買うことにしよう。

その後一風呂浴びに、この前行って気に入ったかんぽの宿旭に向かう。が、昼前に出たのだがR296が渋滞でノロノロ状態。ユーカリが丘まで行ったところで、面倒くさくなって断念した。ここはいつも混むからなぁ。他のルートを探さないと行かんな。

*1 高圧タンク付きの恩恵?