酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2008-05-08[木] [長年日記]

▶︎ [バイク]風車を見に行く2

先日のリベンジ。今回は早い時間に、といっても10時だが、出発。国道296・51、県道44と繋いで目的地は茨城県の神栖市。玄界灘を望む海岸にお目当ての風車はある。

快晴とまではいかないものの、まずまずのお天気。流石に陽射しも強くなってきた。しかし、空気がヒンヤリとしているのでツーリングにはちょうどよい気候。まぁ、風が強く吹いているのが難点だが。

鯉のぼり途中道の駅くりもとで休憩。まだ鯉のぼりが元気に泳いでいた。

立ち並ぶ風車たち神栖市に到着。さて風車はどこだ。とりあえず海岸にでれば分かるだろう、と海に向かってズンズン進む。視界にドーンと入ってくる風車。いやはや感動するね。

巨大な風車天気が悪くなって、はっきり写っていないがこれは凄い。巨大なものに対する畏敬の念というか。こればっかりは実物を見てもらわなきゃ分からないだろうけど、ワッサワッサ巨大な風車が回ってる様は、思わず息を飲む。いやはやちょっと怖いぐらいだ。

展望台こんな展望台も用意されている。

写真だと判りづらいが、ホントにでかいのだ。いやぁ、いいものを見せてもらいました。

飯岡刑部岬展望館からの眺め帰りのルートはシンプルに、国道126〜296を選択。まっすぐ帰るつもりだった。R126は銚子の辺りだと結構な山坂道。でっかいトラックの後を走っていたんだが、こいつが上り坂になると超スローペース。おまけに黒煙吐きまくり。これはかなわんと、ちょうど飯岡灯台・屏風ケ浦という看板が目に入ったので寄り道。着いたところが飯岡刑部岬展望館

矢吹ジョー力石徹ここも天気が悪いので、せっかくの展望も台無しだな。そして、何故かこんな石像が。

飯岡は「ちばてつやが育った町」だそうで。でも、調べたら一年ぐらいしかいなかったようだけど。

さて、帰り道でのハプニング。なんとガス欠を起こしました。といってもリザーブがまだ残っている状況でのガス欠。メーターはもう限界を示していたんだけど、何とかなるかと思ったのが失敗であった。後もう少しだったんだけどなぁ。坂の途中でノッキングを起こして焦りましたよ。危険ゾーンになったら素早く給油すべし。ちなみに260キロまで走れた。