酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2008-11-13[木] 巨大なものを見に行くシリーズ:番外編 [長年日記]

▶︎ [バイク]奈良の大仏

参道?

お天気も気候もよくて絶好のツーリング日和。今日のツーリングのネタは、奈良の大仏見学。

と言っても、本家の大仏様じゃない。ここ千葉県の市原市にも奈良というところがあり、大仏様がいらっしゃるのだ。全然知らなかった。知る人ぞ知る存在なのだろうか。ともかく、こんなおいしいネタを見過ごせるはずもなく、バイクで向かうのであった。

案内表示

アクセス自体はとても簡単。国道357から県道14・茂原街道に入る。そのまま進んで潤井戸の交差点を2キロほど進んだところを左折。ここのところだけちょっとわかりづらいか。ちなみに右折するとうぐいすラインにでる。しばらく進むと案内の標識が見えてくる。この道路は大仏通りというそうな。

奈良の大仏・入り口の看板

やがて案内の看板が見えてくる。これは見逃すことはないでしょう。向かって右側に細い道が分岐している。その先もまた分岐しているが、左側の道、一番上の写真、を進むと目的の大仏様がいる。先がどうなっているのかわからなかったので、バイクをここに止めた。しかし、奥には駐車スペースがある。で、結構人が来るみたいで、このときも続けて3台も車が来ていた。

さて、お目当ての千葉の奈良の大仏様は……。

奈良の大仏様

普通のお地蔵さんではないのか!?

案内看板

この仏様は釈迦如来像で、高さは約1.7mとのこと。ウーム、これを大仏と呼んでいいものか。少なくとも「巨大なもの」ではないな。

しかし、その由来は結構由緒正しいのだ。言い伝えだと平将門が奈良の大仏を模して建立させたそうだ。931年のことである。もっとも現在あるものは1804年に建立されたものらしい。初代は銅製だったとのことで、言い伝えが事実なら、それなりに立派なものだったのかも。


大きな地図で見る

▶︎ 幕張パーキングエリア

梅おかかうどん

小腹が減ったので帰りに京葉道路の幕張PAに寄る。ここは今年になって大幅なリニューアルがなされた。高速道路のSA、PAといった感じじゃなく、ショッピングモールのフードコートそのもの。

バイクで軽く飯でも、なんて時にはとても使えそうだ。何たって駐車場の心配がないからね。おまけに、ここは京葉道路といっても無料区間に設置されているので気軽に行けるし。

今まで幕張PAはウチのすぐ側にあるという位置的に中途半端で、余程のことがない限り使わなかった。これからはツーリングの帰りに寄るってのがいいかもね。

ただ、ここ出てすぐの武石で降りるわけなんだが、時間によってはかなり渋滞するんだよなぁ。しかも出てからも。それが玉に瑕。

参考:@nifty:デイリーポータルZ:パーキングエリア新世紀

▶︎ 飲み会

そして、今夜は店の飲み会でもあった。本来の趣旨は送別会であったのだが、延期になったため変更。そんなわけでひと足早い忘年会ということで。

それから。お酒の飲み方をもうちょっと考えましょうね。まぁ、だれしも失敗して強くなるのではあるが。