酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2009-01-16[金] [長年日記]

▶︎ 二日酔い

二日酔いである。朝っぱらから何度もトイレと布団を行ったりきたり。それほど飲んだつもりはなかったのだが。これはアルコールの処理能力が落ちていると言うことなのか。調子に乗って飲むのはやめよう。と、その時だけは思うよな。

ほかの皆さんもご同様だったようで。特にMさんはひどかったらしい。タクシーで帰ったにもかかわらず、降りてから道に迷って、揚げ句にどこかの畑に突っ込んだらしい。おまけに財布を無くしたと言うこと。ご愁傷様です。