酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2009-06-23[火] [長年日記]

▶︎ [バイク]夜のバイク

3週間も乗っていない。思い立って仕事のあとにバイクに乗る。道が空いているのでついつい飛ばしてしまう。スピードを出したくなるのは本能なのかね。のんびり走るのも楽しいけれど、高速で走る疾走感もたまらない。

エンジンの熱がかなり不快に感じるようになった。足元からはい上がってくる熱気。これが昼間だったら、大変だよなぁ。上としたからの熱地獄。走ってる分には平気なんだけど、渋滞になんか遭遇したらえらいことである。

帰ってきてからオススメのドラマの『白い春』を見る。最終回。この終わり方は、ある意味卑怯である。ほら泣きなさい、って言われてるようなもんだぜ。いや、確かにウルって来ちまったけどさ。ああ、泣きましたとも。

でも、もっとこっちの予想を裏切って欲しいと思うのは、求め過ぎですか、そうですか。