酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2010-01-24[日] [長年日記]

▶︎ 深夜特急

チャンネルネコで『深夜特急』をみた。沢木耕太郎の原作『深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)(沢木 耕太郎)』のドラマ化。大沢たかお主演。見たのは最終のヨーロッパ編。98年の製作だ。そんなにも昔のことだったか。しかし、見るのはこれが初めてなのだ。

ひたすら旅に出たくなるよね、こういうのを見ると。旅とは非日常の世界に身を置くこと。知らない世界への憧れ。知らない世界の不安もある。ましてや異国の地となれば。ずいぶん昔、ヨーロッパを旅行したことがある。初めて降り立ったのはギリシャのアテネだった。アテネの夜の街を歩いた記憶。興奮と不安の入り交じった感情は今でも覚えている。本来自分が身を置く場所ではないところ。それでも現実に存在するその場。あの刺激は病みつきになるのだ。

国内だと、不安と言う部分での刺激が多少弱くなるが、初めて訪れる場所の喜びと言うのは十分ある。旅に出たいよなぁ。

▶︎ [バイク]12ヶ月点検終了

朝、仕事前にバイクを受け取りに。わだかまりがあったことは解消。もともとオレの勘違いがもとであったし。終わり良ければすべて良し、って事で。