酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2010-02-01[月] [長年日記]

▶︎ 初雪

店のプリンターがどうにもならない状態になり、新しいものを購入。今日は休みだったが、セットアップについてヘルプにメールがきて、店へ出向く。しかし、バイトの男の子がちゃんとやっていた。

この男の子はパートさんの息子さんである。もう小学校上がる前のちっちゃい頃から知っている。それがこうして肩を並べて仕事をする時が来ようとは。はぁ、いろいろ複雑な思いである。

天気予報では、夜になって雪とのこと。しかし、さほど寒さを感じられず。夕方から雨。結構激しい降り。夜も遅くなって窓の外を見ると一面真っ白。いつの間にか雪である。それも結構降っている。それなりの大雪。時々、ドスンと屋根から雪が落ちる音。雪ではしゃぐ人の声。