酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2010-09-24[金] 夢の話 [長年日記]

▶︎ 夢は心を写す鏡?

夢と言っても寝ているときに見る夢の話。どういうわけか、覚えているのはいつも悪い夢だ。楽しい夢をみることが出来ればいいのに。最近みたいやな夢。窓を明けた瞬間うちの猫がベランダに飛び出し、手すりに乗ったと思うと向こうへ落ちた。あっと思って駆け寄ると、やつは壁に爪を立て必死に落ちまいとしている。助けようと思い手を伸ばすのだが、届くようで届かない。もどかしさだけが募る。その後どうなったのかは不明なのだが、後味の悪い夢だ。

夢というのは自分が作り上げている以上、深層心理に何かしらそういう影響するものがあるのか。願望、というとちょっと違うけれど。不安に思っていることなんかが出てくるということなのか。いい夢を見ないのは、それを気にしていないから、かな。

未だに印象深い夢。何かしらの秘密をたまたま知ってしまい、なぜかKGBに追われるのだ。そいつにナイフで腹を刺された瞬間に起きた。なんだかへんてこな夢をみるんだよなぁ。

バラ色で幸せいっぱいの夢を、夢ぐらい、見てみたいもんである。

▶︎ [tDiary]天気をつける

日記といえば、毎日の天気をつけるのが作法でしょう註1。ということでlivedoor_weather.rbプラグインを導入して毎日の天気を表示することにした。まだまだ知らない面白いプラグインがある。自分もお役に立てるようなプラグインを作れるといいんだけれど。

註1 実はこれ、今読んでいる「NOVA」に収録されている『東京の日記』(恩田陸)に触発されたのだが