酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2010-11-29[月] [長年日記]

▶︎ [バイク]桜山公園の冬桜

群馬県桜山森林公園車検も終わり、バイクも新車のように調子良くなったので、さっそくツーリング。しかし、ちゃんとしたツーリングは去年の海野宿以来だ。今回は群馬県の桜山公園の冬桜が見頃だということなので、冬のお花見に出かけた。

朝6時に出発。最初の予定では4時、遅くとも5時のはずが……。往きのルートは、今回急に思い立ったこともあって、一番わかり易い国道16号から17号をつなぐルートで。まぁ、面白みのないルートではあるが、全く迷うことのないルートでもある。ただ、さすがに交通量が多く渋滞気味。もっと早く出ていればまた違ったのかもしれないが。本庄市で17号から462号に入る。桜山公園についたのは、結局12時前であった。距離およそ150km。

天候は晴れ。絶好のツーリング日和。日が昇る前の明け方、さすがに寒さを感じるがかじかむ程ではない。今回グローブを、スキー用の結構ゴツイやつを使ってみた。しかし、防寒ということではそれほど役にはたたなそう。操作感が悪くなる。グリップヒーターをつけるのが一番効果的か。手の防寒が一番重要である。

紅葉と桜桜山公園には7000本の冬桜が植樹されていて、冬と春に花を咲かせるそうだ。冬は11月から12月にかけてが見頃。ちょうど紅葉と一緒に楽しめる。

冬桜この冬桜、ソメイヨシノと比べるとちょっと地味に咲いている。枝枝にポツポツ咲いているといった感じで、満開の桜というイメージとはちょっと違う。枯れた味わいというか。

平日だが、それなりに観光客で賑わっていた。ちなみにバイクの駐車料金は100円。

その後、近くにある桜山温泉センターに寄る。昼飯も、と思っていたんだが、広間を覗いてみるとなにやら大音響の歌声が。どうやら歌謡ショーみたいなものをやっているようだ。そんなの聞きながら飯は食いたくないなぁ、ってことで風呂だけ浴びて出る。料金は600円。

帰りはとりあえず、254号線をズンズン進んでいきあたりばったりで。ずっと下道で帰るつもりだったが、久しぶりのツーリングで、クラッチを握る左手がしんどい。結局東松山から関越に乗り、外環を通って帰るルートにした。去年の海野宿の帰りでは外環の終点三郷南が大渋滞だったというのが頭をかすめたが、今回は時間が早かったせいか(5時頃)そのまま市川までは一気に来ることができた。だが。やはり14号は超渋滞。14号は使えないな。