酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2011-01-31[月] [長年日記]

▶︎ いくらなんでもサボりすぎ

そんなわけで、一月も終わり。一旦サボり始めると、どうもいけない。やはり継続は力なり、なのである。もっとも、継続して何になるのか?って問題はある。形は違えども、かれこれ10年以上こんなことをやってきているのだ。で、なにか得たものはあるかというと、ウーム。

まぁ、これからも淡々とやっていこう。

リーサル・ウェポン4

ムービープラスで観る。『リーサル・ウェポン』は好きな映画だ。しかし、これに限らず一作目が面白かったからと言って、その後のシリーズも面白いかというとこれは難しいところ。2はともかく3は今ひとつの印象だった。シリーズが進むに連れ、どんどん角が取れて丸くなってきちゃったのが俺的にはバツ。そんなわけで、その後作られた4は全く眼中になかった。で、本日初めて観た。

思った以上に面白い。この面白さは、やはりシリーズだからか。追っかけた犯人を取り逃がしてしまうリッグス。走っている姿がつらそうだなと思っていたら、その後のシーンで「オレももう歳だ」みたいな愚痴をこぼす。もはや「リーサル・ウェポン」とは呼べないその姿。でも、そこがグッと来た。シリーズの最初から見ていると、改めて時間の経過を知り感慨深いのだ。

最後の展開は、どうにも突飛すぎで強引で、詰め込みすぎのような気もしないでもないけど。その後のエピローグからエンドロールが素敵。撮影現場のスナップや過去のシリーズの一場面を集めたアルバムをめくっていくという趣向。キャストはもちろん、スタッフ全員紹介されているんじゃないのかな。アクション映画よりもアットホームなファミリー映画を見を得たような感じだが、「これで最後、みんなお疲れ!」ということなんでしょうね。