酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2011-05-14[土] 花神総集編第3回 [長年日記]

▶︎ 崩れゆく長州

『花神』総集編第3回を見る。近藤勇・竜崎勝、土方歳三・長塚京三というのはなかなかいい配役だよなぁ。この中では脇役の脇役になっちゃてるのがもったいない。

それにしてもやはり大河ドラマ『花神』は面白い。全話が残ってないのがなんとも悔やまれる。総集編だけ見ると、話のつながりが分かりにくいところがある。それでも、それまでの大河ドラマの総集編は前編後編の2回だけだったとか。

で、原作の中で『世に棲む日日』と『十一番目の志士』はまだ読んでいないのだ。司馬作品も近頃ご無沙汰なので、この機会に読むか。

中村雅俊の高杉晋作というのも、これしかないっていう配役。かってに想像するやんちゃな雰囲気がまさにぴったり。

大河ドラマの『花神』が面白いのは、言ってみれば余計な味付けがなくて、素材の旨さがそのままってことにあるんだと思う。もちろん隠し味やいろいろ手をかけているんだけど、それが主張しすぎない。

それにしても、幕末における長州藩の存在はどう言っていいんだろう。歴史は何によって作られるのかということを思う。

▶︎ [Music][YouTube]久しぶりの岡村靖幸

あの子ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう

久しぶりに聴いた。別段ファンとうわけじゃないけど、これは名曲だよなぁ。忘れられな一曲。

だいすき

忘れられないといえばこれも。「へぽたいや」が忘れられないね(笑)。