酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2011-06-10[金] [長年日記]

▶︎ 驚きの事実

S社のUさんが来店。前回の対決企画の勝者特典フェアの打ち合わせ。で、武井咲の話でちょいと盛り上がる。いや、「それ誰?」的反応をしたらえらく驚かれた。「私でも知ってるぐらいなのに」。

ドラマの『アスコーマーチ』の主役の人ね。どことなく名前を見た感じがあったのは、そのためか。しかし、『アスコーマーチ! 1 (マーガレットコミックス)(アキヤマ 香)』の売上は苦戦。ドラマはどうなんだろう。

その後、取次のIさんが来る。

そう、知らなかったといえば『百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)(荒川 弘)』の作者が、荒川弘だということを今にして気づいた。『鋼の錬金術師』のイメージが強すぎて、表紙の絵で気づかなんだ。ご自身、漫画家になる前はご実家の農業を手伝っていたとか。「少年サンデー」の連載も、農業高校が舞台と、ある意味本道なのか。しかし、何より驚いたのが女性だったのね!

5時に終業。こんな時間に帰るのはなんだか申し訳ない。まぁ、せっかくだからアフター5を楽しみましょうって、結局帰って飲んだくれるだけなんだが。