酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2011-06-14[火] iPhoneのRSSアプリiReadG Free [長年日記]

▶︎ [iPhone]いつの間にかiReadGがいい感じに

以前試したときには、いまいちだったiPhoneのRSSアプリ、iReadG Free。iPhoneからは削除していた。その後何度かアップデートがあり、久しぶりに使ってみたんだが、いい感じになっている。

まず、日本語にローカライズされている。まぁ、微妙な訳になっているところもあるんだが、接しやすくなった。めちゃくちゃ遅く感じられた同期も、気にならないレベルに。

iReadGの画面何よりもいいのが、Feedを読んでいくのが爽快なのだ。動作も含めて読みやすい。まず、画面の広さ。無料版は、広告が入るんだが、Feedの一覧リストにしか表示されず、Feedの画面は全画面を使って実に広々。メニューが表示される領域さえない。これは見やすいし読みやすいのだ。

この画面を左にスワイプすると、次のFeedに移る。この動作がなかなか快適なのだ。まるでページを捲る感覚、といったらいいだろうか。見出しだけ見て、パッパと斜め読みしていくというスタイルが小気味いい。その他、上下のスワイプで前後のFeedに移れる。ちなみに右にスワイプするとFeedの一覧、そしてホーム(iReadGの)画面へと。

iReadGのメニューを表示画面を一回タップするとメニューが現れる仕組み。Google Readerで出来ることはひと通りできる。その他、Twitter、Facebook、Evernoteとの連携もできる。ただ、Evernoteだと、タイトルとURLしか送ることができないのがちょっと引っかかるところ。メールで送信すれば、全文を送ることは出来るんだけど、ひと手間かかるのがちょっとだけ残念。RSS Flash gがタップ一つで出来るだけにねぇ。

しかし、読みやすさという点では捨てがたい魅力がある。有料版はメール送信先のアドレスを最初から指定しておけるようなので、Evernoteに送るのも一手間かけなくて済みそうだし。RSS Flash gとどちらを本命にするか。ウーム。

設定註1でまだよくわかってないところがあるのだが、そのなかでも「保留中のアクション」というのが一番の謎。「直ちに送る」ことが出来るんだが、なんのことかちんぷんかんぷん。

註1 「設置」と表示されてるけど、「設定」だよなぁ