酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2011-06-27[月] AirMac Expressの設定を見直す [長年日記]

▶︎ [Mac][iPhone]AirMac ExpressでMacとiPhoneを同時に繋ぐ

AirMac Expressを買って以来、設定をいじらずほとんどデフォルトのまま使ってきた。というより、よくわからなくてそのままにしてきた。AirMac Express自体は簡単なんだけどね。一応セキュリティ関係のとこだけはしっかりチェックして、あとは使えてるからいいや状態。

昨年暮れにiPhoneを買ってからちょっと困ったことが。AirMac Expressは複数の機器と接続できる、ってことなんだが、iPhoneはAirMac Expressを認識するんだが、3G回線のまま。Wi-Fiに繋がらない。もっとも、いろいろ言われるSoftBankの回線品質だが、自宅環境だとそれなりの速度が出ているので、Wi-Fi接続できないこと自体は問題じゃなかった。そのまま放置。

今回改めてAirMac Expressユーティリティを詳しく見なおしてわかった。結論から言えば、接続共有を「パブリックIPアドレスを共有」にすれいいんだってこと。

AirMac Expressユーティリティを開いて、下にある「手動設定」をクリック。上に並んだメニューから「インターネット」選択。「インターネット接続」のタブに共有接続の設定がある。「パブリックIPアドレスを共有」「IPアドレスの範囲を割り当てる」「切(ブリッジモード)」の3つがある。ちなみにそれまではブリッジモードになっていた。

ブリッジモードが何か、ってことが今ひとつぴんとこなかったが、「無線LANのルーターとブリッジ | OKWave」を見てようやく納得。使っているモデムにルータ機能があれば、ブリッジモードでも大丈夫というわけかな。うちはそうじゃなかったと。