酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2011-07-31[日] [長年日記]

▶︎ 摩周湖は「湖」ではなかった

仕事から帰り、テレビをつけるとNHKで摩周湖の特集番組を放送していた。「霧の摩周湖」と言われるように、霧の名所である。初夏に、年に数回しか起こらないと言われる「滝霧」を追うのが番組の骨子。

摩周湖はカルデラ湖であり、外から外輪山を超えて滝が湖面に流れ込む現象が「滝霧」だ。いろいろな条件が重ならないと、なかなか起こらないらしい。

まぁ、そんなことより興味を引いたのが摩周湖の法的な立場。Wikipediaを見たら面白いことが判明。河川とつながりがないため、法律上では「湖」ではなく、単に大きな水たまりと言うことらしい。知らなかった。