酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2011-08-05[金] [長年日記]

▶︎ 怪談話

とあるお客様。帽子を深くかぶり、しかも俯いていうるので表情が見えない。声をかけても、返事がない。まぁ、そのぐらいならどうってことはない、よくある話でもある。

会計で財布から出されたのは全て硬貨。レジにしまおうと手にとったら、これが冷たいのなんの。冷凍庫から出したばっかりといった感じなんだぜ。単に冷たいんじゃなくて、冷え切っているのだ。冬場ならまだわかるが、この時期にどうしたらそんなことになる?

で、購入されたのが怪談の本、というオチ。ゾッとする話じゃないが、謎ではある。