酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2012-05-02[水] [長年日記]

▶︎ [Comic]じゅういちぶんのいち

ゴミの日

今日は可燃物のゴミの日。ゴールデンウィーク中なので、次の機会まで少し間が開いてしまう。朝、ゴミを出しに行くといつもあるゴミの収納ケースが出ていない。実は、今日は収集日ではなかったのか。

どうもマンションの管理会社が休みで出ていなかったということみたいだ。時間どうりゴミの収集車はやってきた。入り口出たところで、引き返してしまったのだが、そこからは死角の植え込みの陰に皆さんゴミを出していたようだ。それならそれで一言あってよさそうなもの。とりあえず、ゴミ収納ケースが出てなくても、ゴミの日はゴミの日ってことね。

じゅういちぶんのいち

本日はジャンプコミックスの発売日。普通なら4日なのだが、これもゴールデンウィークのため繰り上げに。今月は「ONE PIECE」と「NARUTO」のトップ2の揃い踏み。が、全体としてはこじんまりとしてるか。他には「バクマン。」と「テガミバチ」とか。

ちょっと注目したいのが、「1/11 じゅういちぶんのいち 3 (ジャンプコミックス)」。集英社も売り出し中みたいで、1巻をパラパラ読んでみたら、グッときた。年取って一段と涙腺が緩んできたせいか、目頭に熱いものが。いちおうサッカーを題材にしいるが、スポーツコミックではなくヒューマンドラマである。一話完結のオムニバス。まぁ、ありきたりといってしまえば身も蓋もないが、泣かせるツボをしっかり抑えた秀作だ。素直に読んで涙して、読んだあと気持ちが優しくなる。一服の清涼剤。

売り物にならないコミック

それにしても、今日も売りもにならないコミックがチラホラ。雑誌やコミックはほぼむき出しの状態で入荷してくる。バラけないようにバンドで梱包されているのだが、それが時々ギチギチに締め付けられて、潰れた状態になっていることがある。読む分には別に問題ないが、かと言ってそんなひしゃげた状態のものを出すわけにもいかず、これは頭の痛い問題。傷物だからといって安く出来るわけでもないしねぇ。