酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2012-05-05[土] [長年日記]

▶︎ 機動戦士ガンダムUC

ANIMAXで「機動戦士ガンダムUC」のエピソード4「重力の井戸の底で」を観る。面白いのは確かなんだが、それを素直に認められないのはなぜか。能書きが多すぎるように思えるためかなぁ。といいますか、登場人物の皆さんが、「立派」過ぎてちょっとついていけないというか。みんなトンガリ過ぎじゃない?

ファーストガンダムが素直に面白かったのは、皆さんあまり主義主張を声高に叫んでななかったあたり。賛成するにせよ反対するにせよ、それぞれが等身大だったと思う。いわば普通の人達の物語だったから、感情移入できたんだろうなぁ。

あとは余談として。ブライト・ノアが今回登場。亡くなられた鈴置洋孝さんに変わって成田剣さん。しかし、そうと知らなければわからないぐらい違和感がない。