酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2012-05-24[木] [長年日記]

▶︎ [バイク]ヘルメットを物色中

ヘルメットを新調するべく、ライコランド Tokyo Bay 東雲店へ行く。お目当てはアライのCT-Zだったのだが、なかった。もうひとつの候補のSHOEIのNEOTEC (ネオテック)はあった。思わずそっちにしてしまおうかと思ったんだが、こちらの方が2万円ほど高くてちょっと躊躇。

バイクで困ることのひとつが、朝夕などの太陽が低い時の日差し。視線の先に太陽、なんて場合は眩しさで何も見えなくて何度怖い思いをしたことか。アライのCT-Zにはその解決策として、バイザーが標準で装備されている。帽子のつばみたいなもの。

日差し対策として、サングラスを着用するって手もあるんだが、普段メガネを使用しているので、それもなかなかやりづらい。メガネの上から装着出来るサングラスもあるようだけど、そもそもバイクの場合走行中に脱着ができるわけじゃない。状況の変化、例えばトンネルに入った等、に対応しづらそうでどうかと思う。その点バイザーならば、いろいろと融通が利きそうだと思うわけだ。

対するショーエイのNEOTECは、内蔵式のサンバイザーが魅力。簡単に言えば、ヘルメットにサングラスが内蔵されていて、走行中も開閉レバーで操作ができる。まぁ、こちらは実用性よりも、そのギミックに魅かれてるというのが正直なところだけれど。問題は値段の差。2万円をどう考えるかだよなぁ。サンバイザーが絶対になくちゃ困るかというと、そう言うわけでもなく。

ひとまず、今日はCT-Zがないこともあって、NEOTECのかぶり心地を確かめただけで撤収。そのかぶり心地だが、ザイズLだとちょっとタイトで、XLだとちょっと緩いかなという感じで悩ましいところ。これがどちらかでピッタリだったら、買ってしまったかもしれない。