酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2012-08-30[木] 東北ツーリング1日目 [長年日記]

▶︎ [バイク]いざ東北へ

出発前直前にいろいろあったが、無事に東北へのツーリングに出ることが出来る。3時に起きて4時に出発の予定がいつもの様に遅れることに。しかも2時間ぐらいしか寝ることが出来なかった。

シートバッグを装着するのが結構難しく、これでまた時間を食ってしまう。事前に練習しておけばよかった。で、この写真をiPhoneで撮ろうとしたら、たまに起こる「SIMが認識されません」というトラブルが出る。よりによってこんな時に。そんな訳で、出発前からちょっとグッタリな気分。

今日は宮城県の鳴子温泉に向かう。幕営地はそこから近い吹上高原キャンプ場。実は明日以降のルートは決めていない。行きたいところ見たいところはリストアップして、あとは行き当たりばったりで行こうと。最初は本州最北端の大間崎というのが最終目的だった。思った以上に遠いんだよなぁ。もちろん5日もあれば余裕で行って帰ってくることは出来る。でも、それだけで終わっちゃいそうでもある。

佐世保バーガーat羽生PA東北道羽生PAで朝食。なぜか佐世保バーガー。こいつが結構でっかくて、これ一個で十分な満足感。

那須高原SAでソフトクリームタイム那須高原SAで休憩。いやはや、暑さでソフトクリームもあっという間に溶ける。バイクも給油。10.03Lで1,464円。ここまで約200キロ。

日本一の芋煮フェスティバル鏡石PAにて。9月2日に山形県馬見ケ崎河川敷で日本一の芋煮フェステバルがあるとか。ツーリングのネタとしてメモ。それにしても、昨夜の寝不足がたたって油断すると睡魔が。休憩ばかりして、なかなか前に進まない。

牛タン定食国見SAで昼食。まだ福島なんだけど、仙台名物牛タン定食。

東北道は泉で降りる。13時52分。ここからは国道4号線で北上。しかし、この国道4号は、長い道路である。東京から青森まで、日本で一番長い国道だとか。

雨宿りしばらく走ると、雨が落ちてきた。セブンイレブンで雨宿り。強くはないもののなかなか止まない。ただ、遠くと見ると、晴れ間が見えてたりで一時的なものだと思われる。小ぶりになったところを見計らって出発。レインウェアは、まぁ大丈夫だと思って着なかったが……。

その後強く降り出して、ずぶ濡れ。幸いなことに、目的地方面は晴れているのでそのまま進む。まぁ、雨自体はいいんだが、トラックの後についてしまったのが参った。ザンザカ泥水を跳ね上げるのに閉口。国道47号に入ってしばらくすると雨も上がり晴れ。JAのスタンドで本日2階目の給油。11.07L、1,627円。

鳴子温泉で風呂に入ろうかと考えていたが、思ったより時間が押しているのでスルー。国道108号線に入り、本日の幕営地吹上高原キャンプ場へ向かう。

吹上高原キャンプ場吹上高原キャンプ場の第一印象は、広大だという点。芝生のフリーサイトで、バイクも乗り入れ可能。どこでも好きなところに張っていいですよ、と言われたが、こうなると逆に困る。着いた時点では、車が4台ほど、バイクが2台ほど。

ここは、温泉施設が隣接している。しかし、受付が5時半までというのがちょっとつらいところ。着いたのは5時前だったので、急いでテントを張り風呂に入る。テントを設営してから、買い出しに出ようと思っていたが、風呂に入ったら面倒になってしまった。カップラーメンが売っていたので、今夜はそれでよしとする。あと、地発泡酒があったので、それも購入。が、これが冷えてないんだよなぁ。この際贅沢は言ってられない。

ちなみに47号線と108号線の交差点にセブンイレブンがあるので、そこで買い出しが最後かも。

さて、ここでモンベル(mont-bell) ムーンライトテント 2型 グリーンの感想。設営は本当に簡単である。それこそササッと張れる。ものぐさなオレにとっては、この点が非常に魅力。一度でもテントを張ったことがある人なら、いきなり手渡されても問題なく張れるんじゃないだろうか。最初はこのグリーンがどうも派手すぎて躊躇して、アイボリーに使用かと悩んでいた。しかし、実際にこうしてはってみると意外と派手じゃない。むしろいい雰囲気なのである。

唯一の問題としては、収納サイズがやや大きめという点か。ポールがどうしても嵩張ると言えば嵩張る。

結局この日は移動だけで終わってしまった。しかし、この辺りまで来てないと明日からの移動に余裕が出る、はず。ま、本日は本格的な雨中走行を経験したという点か。この時期なら、意外とレインウェアなしでもいける。まぁ、荷物はちゃんとカバーしなきゃならないけど。