酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2012-11-12[月] 必殺仕事人 [長年日記]

▶︎ [必殺]三十両で命が買えるか?

本日の酒の肴は「必殺仕事人」の第5話。このエピソードは鹿蔵編の中にあって何の変哲もないお話である。普通の恨みはらしますエピでほかの話に比べると「軽く」思える。そんな普通なルーティンワークの話だからこそ逆に好きなエピソードだったりする。もう少しこういう普通の話も見たかったよなぁ。

「仕事人」で主水が裏稼業に復帰したのは、鹿蔵に惚れたからではないのか。何のために人を殺すのか、迷いのあった主水の道しるべとなる鹿蔵。

それまでよりも主水が完璧に主役の「仕事人」だろうけど、話の要になるのが鹿蔵だったはず。その人が途中でいなくなっちゃえば、話が成り立たなくなるよな。

ああ、本来描こうとしていた「仕事人」を見てみたい。

並行して「仕置人」も見ている。明らかにカラーが違うなぁ、当たり前だろうけど。「仕置人」は重い話でもなんだか明るい。みんなが前向きだからだろうか。

▶︎ [Comic]式の前日

小学館でプッシュしている「式の前日」を読んだ。短編集なのだが、冒頭の表題作にやられた。明日結婚を迎える男女を描く一遍。何の変哲もなく淡々とした描写なんだが、ラストに泣かされた。正直言ってそんなオチになるとは予想外。

あまり突っ込んだことを言うとネタバレになるが、このラストのどんでん返し的なものは上手いよなぁ。その瞬間物語が別の表情を見せる。そうだったのか !と思えば涙腺も緩む。

式の前日 (フラワーコミックス)