酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2013-02-21[木] [長年日記]

▶︎ 二日分

昨日が休みだったので、今日は2日分の荷物。新刊はそうでもないが、補充が多い。特にスクエニ。しかし、これはほぼ自分が頼んだものだったので文句は言えない。

▶︎ 酔いつぶれて強くなる

昨日酔いつぶれたK太だが、今朝は何事もなく仕事の出てきた。二日酔いもほぼなし。昨夜の状況を思えば、拍子抜け。この回復力は若さってことなのか。まぁ、こうして立派な酒飲みになっていくのよね。

思えば俺も、彼と同じ年頃の時に人生最大の二日酔いを体験した。二日酔いなんて優しいものじゃなく、急性アルコール中毒で病院に運び込まれたのだった。飲み始めてからの記憶が全く残っていない。最終的には意識をなくしたようで。酒を飲めるようになって直ぐ。調子にのちゃったんだろうなぁ。気がついたのは家の布団の中。2・3日は苦しんでいたような。吐きたくても吐くものがない苦しさ辛さ。胃液しか出てこない。

でも、あれがあって一皮向けたよな。