酔眼漂流記

酒を片手に酔眼化する日々の記録


2013-06-18[火] [長年日記]

▶︎ [Comic]ワカコ酒

飲兵衛にはたまらない一冊。主人公の村崎ワカコ嬢が、一人居酒屋で酒を飲むだけのコミックである。4ページ程で、取り立ててストーリーのようなものはない。でもね、これが読むと酒を飲みたくなって仕方なくなるキケンなコミックなのである。

毎回、違った肴が主役となっている。その肴も、鮭の塩焼きや焼き鳥、餃子とかありふれたもの。 そいつで、ワカコ嬢が実に旨そうに酒を飲むのだ。その表情を見ていると、こちらもいっぱいやりたくなる。うら若き乙女が、旨そうに酒を飲む。しかも、ひとりでしみじみとだぜ。グッとくるよなぁ。

そんなことを言い訳に、今夜もお酒を頂くわけですよ。

コミックゼノン|「ワカコ酒」(こちらで第1話の立ち読みができます)

ワカコ酒 1 (ゼノンコミックス)