旅の道具たち」タグアーカイブ

メスティンはなかなか使えるやつ

トランギアのメスティンを買った

f:id:fockewulf:20190310213804j:image:w400

メスティンはアルミ製の飯盒。ネットで見る評判が良くて、気になる存在ではあった。けど、どうしても必要な道具かと言えばそんなことはなく。持っているクッカーで十分ではあるのだ。しかし、隣の芝生は青いじゃないが、みんなが良いと言ってると欲しくなるのが人情。お高いものでもないので買ってみることにした。

見せてもらおうか、メスティンの実力とやらを

f:id:fockewulf:20190310215913j:image:w200
f:id:fockewulf:20190310220407j:image:w200

実にシンプル、と言いますか素っ気ない作り。見た目はアルミのお弁当箱。ただ、このお弁当箱っぽさが個人的には気に入っている点だったりする。

普通の丸いクッカーは、やはりあれは気持ちのどこかで鍋だと認識していて、鍋抱えて食っている、と言う感じなんだろうな。

対してお弁当箱型のメスティン は、ご飯を入れる食器と言う感覚。同じ料理でも、なんだかメスティンの方が愛らしく思えるのは気のせいか。

実用的にも、普通サイズのメスティン は、一人前のご飯を炊くのにちょうどいいサイズ。蓋がカッチリ閉まっても、微妙な隙間があるので炊飯の際にちょうどいい。一度使ってみてすっかり気に入ってしまった。

もちろん炊飯だけに便利なわけじゃない。もともとメスティンはスウェーデンのトランギア社製。だから、米を炊くための道具ってことではないんだと思う。ネットで検索すれば様々なレシピがあるし、本も出でいる。

私的には炊飯と並んで、パスタを茹でるのがメインの使い方になっている。市販のパスタを二つに折るとちょうどいいサイズになる。ギリギリの水で茹でて、そのまま水分を飛ばしてしまうという使い方。最後に何かしらのパスタソースを投入して出来上がり。お気楽簡単レシピである。

ただ、何れにしてもメスティンじゃなきゃ出来ないと言うわけでもないんだよなぁ。やはり、お弁当箱感満載の手頃なサイズと愛らしさが受けてるんじゃないだろうか。

キャンプで使っているフライパンに蓋を買った話

グリルピザプレートに蓋をつけました

昨年、キャンプ用に使うフライパンとしてグリルピザプレートを買いました。

bike.suigan.net

手頃な大きさのフライパンとして、キャンプではもちろん普段でも愛用しています。しかしながら、蓋がないのが玉に瑕。家で使うぶんには適当な大きさの蓋を代用していますが、それはサイズ的に大きいのでキャンプに持っていくには合わない。ってことで、何かいいものはないかと探したら。

Amazonのコメントでグリルピザプレートにもピッタリとあったんで購入。

余談ですが、パール金属というのは初めて知りましたが、キャプテンスタッグはここのアウトドア部門だったんですね。

f:id:fockewulf:20170226183034j:plain

届いて実際に合わせてみると、まるで専用品のようにピッタリ。これでピザグリルプレートの使い勝手も上がりますね。また、これ自身も鉄製なので、ちょっとしたフライパンがわりにもなります1。お皿としても使えて、何かと便利な蓋です。

ちなみに、この蓋用の元々のフライパンはこちら。

グリルピザプレートと比べると、直径は20センチで同じなんですが、高さが3センチに比べこちらが5センチとのこと。若干の違いなのですが、深さがあったほうがいいなぁ、という場面もあるのでこれはこれで欲しくなる一品。ただ、重さが80gほどこちらの方が軽いので、そのぶん薄いってことなのかな?

グリルピザプレートのちょっとした技

まぁ、技というほどのことではないんですが。取っ手の部分も鉄出来ているので、火にかければ当然熱くなり持てなくなります。ミトンなりを使えばいいだけの話ではあるんですが、そこに一工夫。

取っ手の形が、

f:id:fockewulf:20170301093504j:plain

こんな風なので、ここに何か突っ込めば柄になるんじゃないかと。適当な木の棒2を探してやってみたところ、

f:id:fockewulf:20170301071910j:plain

こんな感じ。まさにフライパンの柄。使い勝手も大向上。キャンプに行った先でも、薪なんかを削って即席の柄を作れちゃう。たき火フライパンとしても使えそうですね。ただ、柄の固定はしていないので、振ったりといったことはできないですけど。


  1. その場合、厚さが薄いので火加減に注意

  2. これ、ツボ押しの棒だったりします

キャンプの料理用にモーラナイフを買いました

キャンプでの調理に使うナイフとしてモーラナイフを買いました

f:id:fockewulf:20170226100825j:image

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Blackです。

この手のナイフの定番の一つにオピネルのナイフがあります。正直どちらにしようか迷ったんですが、見た目のかっこよさという実にミーハーな理由でモーラに決定。付け加えるに、フォールディングナイフは、刃の出し入れがめんどくさいというモノグサな理由もあったりします。

それまで使っていたのが、ビクトリノックスのマルチツール

f:id:fockewulf:20170226100844j:image

これ、むかーしヨーロッパに旅行に行ったとき、スイスで購入したもの。黒のビクトリノックスって知らなくて、物珍しさに買ってしまいました。たくさん機能がついているのもその時は魅力に思えたんですが、それは若気の至り。実際は使わないものばかりで、今ならもっとシンプルで実用的なものを選びなさい、とアドバイスするだろうなぁ。

それはともかく。このナイフはいかんせん刃の長さが7センチほどしかないのが、包丁として使うには心許ない。

もう一本持ってるナイフがこれ

f:id:fockewulf:20170226100858j:image

このナイフは、いつどこで買ったのか全く覚えていない。見た目がチープなのでいい加減なものだろうと思ってました。メーカー名らしきものが刻印されているので、検索してみるとドイツにあるアントンウィンゲン社のオセロというブランドのナイフです。今はもう廃業してしまったようですが、それなりに老舗のメーカーだったようです。これももしかしたら、ヨーロッパに行ったときに買ったのかな?

このナイフは、刃の厚さがあるため包丁として使うにはあまり向いていません。今は、薪割り用として使っています。

モーラナイフの使ってみた感想は

自分のキャンプのスタイルとして、料理を充実しようというのが今年の密やかな目標だったりします。そんなわけで、キャンプの時の包丁用として、モーラナイフはどうかと買ってみたわけです。

切れ味は、開封した状態から問題なく気持ちよく切れます。グリップの大きさも私の手にはぴったりで、実にしっくり馴染みます。ラバーのしっとりと感じる部分も心地いい。

肝心な使い心地ですが、包丁として使うにはやはり物足りない部分があります。こういうナイフは「捌く」のに使うように出来ているようで、剥いたり刻んだりといった作業は、刃の形状からかどうも苦手ですね。もっともそれは、包丁と同じ使い方をすれば、ということでもあります。今は慣れるために普段からこのナイフを使っていますが、だんだんとコツというか要領ががつかめてきました。道具は使いようです。

刃の厚みは、このナイフで2mmあります。普段使っている包丁と比べたのが下の画像。

f:id:fockewulf:20170226100914j:image

刃が厚いとどうしても、例えばニンジンなど固いものなど、切るというより割る感じになっちゃうのは仕方ない点ですかね。まぁ、この辺りもわきまえて使えば問題ないですが。

ぶっちゃっけそういう点が気になるなら普通の包丁を持って行け、って話ですよね。そうじゃないのは、多分に気分の問題かな。アウトドアにナイフというこれまたミーハーな気分。でも、そういう「気分」を味わうためにキャンプに行くんですから、いいんです。使いづらい部分も工夫して使って行くのも遊びの一環。そう言った意味も含めて、このモーラナイフは所有欲も満足させる買ってよかったナイフでした。

なんて言っていながら、気になるアイテムを見つけちゃいました。G・サカイ アウトドアミニクッキングナイフ。これはかなり包丁ライクに使えそう。迷うなぁ。

おまけ 使っているまな板はこちら

f:id:fockewulf:20170226100928j:image

包丁とくればその相棒はまな板。こちらはダイソーで買ったもの。竹製のまな板とラック。大きさがちょうどピッタリでなかなかいい具合です。言われているようにダイソーはなかなか侮れないですね。