旅の道具たち」タグアーカイブ

キャンプ用にフライパンを買いました

グリルピザプレート

YouTubeで、いろいろな方のキャンプ動画を見ていて、急に欲しくなったフライパン。フライパン自体は、今使っているクッカーにあるんですが、ちょっとサイズが小さい。簡単に焼くだけならいいんですが、ちゃんと調理しようとなると使い勝手が悪い。料理のバリエーションを広げるためにももうすこしちゃんとしたフライパンは必要かな、と。

LoFtで見つけたのがこれ。

グリルピザプレートと言って、魚焼きグリルを使ってピザを焼く道具です。直径が20センチと手頃なサイズ。収納の際に邪魔になる取っ手の部分も、これなら気にならなそう。鉄製で、重量がそれなりにあるのが迷う点ではありますが、バイクのキャンプとして使うのになかなか良さそう。

そのあと、アウトドアショップに行って専用のフライパンも見たんですが、どうも納得するものが見当たらない。確かに、軽さだったり収納に関しては文句ないんですが、道具としての物欲が湧いてこない。グリルピザプレートは、重いんですけどそれがかえって心惹かれるんですね。

魚焼きグリルを使うってのも、ポイント。今まで、それこそ魚を焼くことにしか、それもたまに、使ってなかったので、目から鱗。キャンプだけではなく普段から使えそうなので、こちらを購入しました。

帰ってきてから早速使ってみます。ピザプレートですが、もちろん他の料理にも使えます。写真は鶏肉と牡蠣。結構いい感じに焼きあがってます。魚焼きグリルを使うと、高火力で短時間に調理できるようですね。外はパリッと香ばしく、中身はジューシーな感じに仕上がります。

www.kantan-grill.jp

フライパンで焼くよりも脱油効果が高いそうなんです。それだけヘルシーに焼きあがるということなんでしょうけど、底に結構脂溜まります。まぁ、欠点というほどのことでもないですけが、気になるっちゃ気になるかな。

キャンプ用にと購入したものですが、普段使いになかなか重宝する一品。なかなかいい買い物をしました。あとは本番のキャンプでの使い心地ですね。

追記 蓋を購入しました

bike.suigan.net

買って良かった 「ヘリノックス グラウンドチェア」

キャンプで寛ぐための椅子

f:id:fockewulf:20150928121604j:image

ヘリノックス グラウンドチェアの感想

この椅子を買うまでは折りたたみの小さな椅子を使っていました。

f:id:fockewulf:20150928122018j:image:w240

これはこれで、実用上は何も問題はありませんでし、不満もありませんでした。ただ、これはあくまで腰掛けで、寛ぐという感じにはならない。キャンプ用に一脚、ちゃんとした椅子が欲しいと思ってはいたんですが、それはバイクのツーリングキャンプには大きいものという先入観がありました。

たまたま、モンベルの東京京橋店に行ったときに、ヘリノックスのグランドチェアを見つけました。びっくりしたのが、その収納のサイズ。このグランドチェアはカタログデータだと、収納時は幅300×110×110mmということです。重さも615g。これなら、バイクに積んでも邪魔にならないサイズ。

f:id:fockewulf:20150928121627j:image

iPhone6と比べてみました。

ただ、お値段が1万円近くと、その場で購入するには躊躇する金額だったのと、もう少し情報を収集してから購入を決めようということで、そのときは見送りました。

ネットでの口コミを見てみると、なかなか評判も良さげ。というか、絶賛されてます。そうなれば、欲しくなるのは当然のこと。多少張るお値段も、「キャンプ道具の金に糸目はつけねぇぜ!」ってことで、次の機会に買ってきました。

組み立て方

f:id:fockewulf:20150928121713j:image:w240

こちらがフレーム。テントのポールなどと同じように、ショックコードが入っているので、広げれば自然と組みあがります。

f:id:fockewulf:20150928121638j:image:w240

フレームを組んだ状態。これに、

f:id:fockewulf:20150928121645j:image:w240

こちらのシートをかぶせて出来上がり。

f:id:fockewulf:20150928121604j:image:w240

肝心の椅子としての座り心地ですが、これがもう最高。キャンプのみならず、普段から家の中でも使っちゃおうかと思わせるぐらい。下手なソファよりは、快適なんじゃないでしょうか。座ると腰のあたりがすっぽりと包まれる感じ。背もたれの角度もちょうどよくて、実にリラックスした姿勢で座れます。そのまま居眠りできそうです。ちょうどハンモックがこんな感じなのかな。

この椅子の導入以前は、飯食った後はテントの中で寝っ転がって寛ぐ、というスタイルだったのが、このグランドチェアに腰掛けけて酒をチビチビやりながらボーッと過ごすというのが定番になりつつあります。居心地がよくて、座ったら立ち上げれなくなる。

立ち上がれなくなるのは、実は座り心地がいいばかりじゃなかったりします。グラウンドチェアは、座面が低くてお尻が地面から10cm程度のところに来ます。その状態で、足を前に投げ出し後ろにそっくり返った形で座るので、どうしても立ち上がるのに一手間かかるんですよね。欠点というほどのことではないですけど、あんまり酔っ払うと危険かも。

いずれにしても、ヘリノックスのグラウンドチェアはキャンプには欠かせないアイテムとなりました。

Amazonリンク

Helinox(ヘリノックス)グラウンドチェア

ライディングシューズ elfシンテーゼ14

今までは、バイクに乗るのに普段履いている靴を使っていました。スニーカーとか、ワーキングブーツとか。それで、特に問題もなかったですけど、北海道ツーリングに行くにあたって、思い切ってライディングシューズを買いました。

ツーリング直前に思い立ったので、Amazonから試着しないで買うという冒険。

いろいろある中で、elfのシンテーゼ14を選びました。選ぶ上でのポイントは、何と言っても見た目のかっこよさ。あと、防水機能。その中で、懐具合と価格がぶつからないのがこれでした。色は、本当は青系統が良かったんですけど、在庫なし。Kawasakiとのコラボのグリーンがあったんですけど、その分お値段が割高。そんなわけで、今回は次点の赤を購入。

サイズは、普段は27から28を履いてみて選ぶんですけど、試着できないまま購入。どうするか迷いましたけど、間をとって27.5を選んでみました。届いて履いてみると、このサイズでちょうどいい感じ。

実際に使ってみた印象です。まず、防水に関してはまずまずじゃないでしょうか。完全防水とはいかなかったですけど、それなりの雨の中走って、靴の中がビシャビシャという事態にはなりませんでした。ちょっと沁みてくる感じですかね。しっとりと濡れはしましたけど、個人的には許容範囲内。連日雨の中を走ると、ちょっと厳しいかもしれませんが。

防水機能の裏表として、蒸れやすいという点があります。夏場の暑い日なんかだと、少し気になる点でしょうか。雨じゃなくても、少しじっとりという感じはありますね。

ライディングシューズと言えどもツーリングで使うとなれば、バイクから降りた時に普通に靴として使えないと意味がありません。その点も見逃せない点。スニーカーなんかと比べると、やはり固い印象はあるものの、これも気になるほどではありませんでした。買って間もなく、まだ慣れてないということもあるんでしょうけど。まぁ、この靴で1日歩き回る、何てことじゃない限り、気にならないんじゃないでしょうか

バックルとベロクロで固定する方式も、楽でいいですね。その点も、この靴を選んだポイントの一つ。

使ってみた感想としては、上であげたマイナス点は想定内の範囲ない。その分を引いても、買って良かったと思える物でしたね。